便器交換 トイレ改装 取り替え

トイレ改装 取り替え(便器交換)費用を格安にするなら一括見積り

トイレ取り替え(便器交換)費用を格安にする方法は自分で工事をするか複数の業者に一括見積りを出すかです。
自分でトイレ取り替え(便器交換)工事をすればかかるのは、便器の価格+使用する工具+材料費だけなのでいちばん安くできます。

 

自分でトイレ取り替え(便器交換)工事はやろうと思えば時間を掛ければできます。時間と体力があって水道工事の心得があればDIYにトライしてみるのも良いかもしれません。しかしDIYは、全てが自己責任です。

 

例えば格安の便器をネットで購入していざ、便器を交換しようと外したところ、排水の穴が違う事が発覚。開梱したので返品もできない・・といった失敗も結構あるようです。自分でトイレの取り替え(便器交換)をする場合は、購入したものを無駄にしないよう、排水の穴の位置や大きさなどが合うか等、しっかり確認してから購入するようにしましょう。

 

まず便器を購入したら説明書をよみ工具・部材消耗品を用意してから取りかかりましょう。途中で中断するとその間トイレを使えません。一度外すとだめになるパッキンなどもあるので、外したはいいががやっぱり無理そうなので元に戻すという場合もそのままだと戻せません。付いていたものをそのまま使ったり適当にやると密着性が薄れてしまい、水漏れの原因になります。汚水が漏れ出したりしたら嫌ですよね。

 

DIYは、メーカーの保証は対象外です。それはそれだけ素人がトイレの取り替え(便器交換)をやると後になって水漏れ等のトラブルが多いという事です。
マンションアパートなど階下に住居がある場合は特にお勧めできません。
万が一、階下に水漏れがあれば下の階の天井や床下が濡れて家や家財が痛みますし、相手が他人なら保障で大変な損害になりますし、迷惑を掛けて後々の近所付き合いに支障が出ると困ります。

 

それに便器はとても重いですし、古い便器の処分も考えなくてはなりません。
バラす際は絶対どこかに残ってた水が出てきます。雑巾を用意してもトイレは排泄する場所ですから何の水か分からない水がかかったり、気持ちの良いものではありません。

 

便器の取り替え工賃の3〜5万円程度を惜しんでそんな苦労をするよりは、一括見積りで一番安くトイレの取り替え(便器交換)工事をやってくれる業者に頼んだ方がプラスマイナス考えると結局は得策という考え方もあります。
自分でトイレの取り替え(便器交換)工事をやろうと思えば別途工具代や材料費、へたをすると便器の処分費もかかりますし、いちど一括見積りで最安価格を見てから考えてみても良いと思います。

リショップナビ

仮に業者に便器交換を発注する場合は便器の交換だけでなく床のクッションフロア、壁や天井のクロスの張替えも一緒にしてしまった方がお得です。何故かというと便器交換をして数年経った後に床のクッションフロアの汚れが目立ってきて貼り換えようと思っても便器を一度脱着しなければ貼り換えできないからです。それは便器の背面のクロスを貼り換える場合も同じです。

 

便器交換のときに一度にやってしまえば脱着費用が別にかかる事は無いですが後でトイレの内装だけリフォームしようと思うと余分にトイレ脱着の費用(約3万円)がかかってしまうのです。

トイレ取り替え(便器交換)の費用、価格相場

便器の価格相場は10万以下の物から数十万円の物まであります。ただし、購入時には値引きがあるので実際に見積りをとって比較した方が確実です(業者・機種によって定価の半値〜10%値引き等色々なので)。
一般的に個人で便器メーカーへ買いに行くより、リフォーム店や工務店経由の方が値引率がいいです。

 

便器交換だけなら便器の値段+工事費(3〜5万円程度)です。
和式便器から洋式への変更は床の工事等もあるのでもっと高くなります。
自宅のトイレをくみとり式から水洗式へ改装する場合などは、50〜100万円と工事会社や現場により開きがあります。
見積をおすすめします。

トイレ取り替え(便器交換)の工期

工期については、洋式トイレから洋式トイレであれば大抵は1日です。昼間だけトイレ我慢して下さい。内装を変更したりする場合は2日以上かかる場合があります。この場合は仮設トイレも必要になります。
床と壁と天井を壊す場合は3日程度です。

 

便器によっては、既存の配管をそのまま使えない場合もあります。その場合は、床を解体しての配管工事を行います。
和式トイレから洋式トイレへ変更する場合は2日〜3日程度です。
長く使おうと思ったら、手すりを付けたり段差を無くしたり、人感センサ付き自動照明にしたりといったバリアフリーのリフォームも考慮すると良いですね。

 

工事内容、現場状況により、かかる日数や費用は大きく変化しますので一括見積りで各工事会社より、見積りを取って検討してみてください。

 

新しい便器は、水の量がすごく少なくなっていて水道代が節約できます。
汚れもつきにくくふち部分が掃除しやすいシンプルな構造になっていて良いですよ!

リショップナビ

 

トイレの介護リフォームには補助金が出る

要支援、若しくは要介護1〜5と診断された人に対しては介護保険から実際かかったリフォーム費用に対して20万円の9割(18万円)を限度に償還払いで支給してもらえます。参考:介護保険における住宅改修

 

この制度は和式トイレから洋式トイレへ改装する場合も使えますし、トイレに手すりを付けたり、トイレの段差を解消したりといった事にも使えます。利用する場合は、工事前後で必要書類の提出の必要などがあるので工事内容を決める前にケアマネージャーに相談してみてください。

 

その他、高齢者のいるご家庭では呼出しボタンを付けたり、温かくなる便座を取り付けたりすると冬場のトイレでの事故が防げます。